2016年03月05日

Trump

初めてアメリカに来た時、ESL的なクラスで、アメリカでは政治の話はしないものだと教えられた。ひょっとしたら、トランプの誕生によってこれが変わってきたのかもしれない。僕が住んでいる東海岸(ニューヨーク及びボストン)は伝統的民主党の基盤が非常に強い。リベラルな人から見ると殆どジョークだと思っていたトランプがSuper Tuesdayで圧勝すると、普段全く政治のことを話さない友人もトランプを皮肉るコメントを口走り始めた。

Capture.JPG

今日は他の会社の人とランチに行ったのだが、そこでも天気の話を話すような感じで、昨日のトランプのディベートはやばかったよね、的な話をしていた。ちなみにこの話。もうほぼエンタメ番組のレベル
Donald Trump Nearly Turns GOP Debate Into Literal Dick-Measuring Contest


それでオフィスで雑談していたら、カナダ出身の人がアメリカ人はカナダに移住すべきだと冗談で話していたりとか、ボストンのラーメン屋である”夢を語れ”で、ポストトランプのサバイバルが夢だと語っていた女子大生もいた。MITでこういうAIツールを開発している人でてきた。
MIT Researcher Creates Donald Trump AI Twitter Bot Using Deep Learning Algorithm

まぁ僕には投票権がないのだが、今回の選挙はアメリカの世論を二分する争いになっていることは確実だし、米国が移民国家であり続けられるかどうかの曲がり角に来ているかもしれない。

posted by Canicula at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。